Latitude Complex

アクセスカウンタ

zoom RSS MINOLTA SR-T101

<<   作成日時 : 2007/08/13 07:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

今回はクラカメ(クラシック・カメラ)、「MINOLTA SR-T101」のご紹介です。
(クラカメは、すでに「ASAHI PENTAX SPF」をご紹介していますね!)
画像

日頃、デジタル一眼レフを使用している私ですが、もう一度、昔のようにフイルムが使ってみたくなり、また、ちょうどオフ会で一緒にスナップ撮影をしている方々とも、銀塩(フイルム)カメラで盛り上がっていたため、そのオフ会「第1回 銀カメ救済オフ」で購入した銀塩一眼レフとなります。

MINOLTAの旧ロゴ…小文字の「minolta」がカッコいいです♪

SR-T101は1966年発売だそうで、ワタクシより2歳ほど若僧(笑)だったりします…私がカメラにハマった中学生の頃には、すでに製造中止になっていたのではないかと思うのですが(SR-T101に付いての記憶がありません)、日本の銀塩一眼レフを代表する名機だったようです。
画像

minoltaロゴの下に見える「CLC」の文字…Contrast Light Compensatorと呼ばれる上下二分割測光を採用しています。
(コンペンセイターと聞くと、拳銃の反動を抑える装置を思い出してしまうのですが(笑))

コ・コレって、現在では測光の主流となっている多分割測光のハシリなんではないでしょうか?(汗)…私が中学生の頃には、まだ中央部重点平均測光が主流でしたので、この時代に分割測光を採用していたとは、その成否に関わらずMINOLTAのガッツに関心してしまいます!

上下二分割測光というのは、写真の上部が空になることを想定(空側は明るくなることが多い)して露出を決定してるのですが、カメラを縦に構えて撮影すると…ど・どうなるのでしょう?(笑
(ちなみに、ネットで検索してみるとCLCの露出決定の評判は良いようです♪)
画像

この時代のカメラですので、ISO感度はまだASA感度になっています!

シャッター速度も最速が1/1000と、当時としては平均的なものです…このシャッター速度(1/1000)だと、晴天時に大口径レンズを使用すると絞りを開放にできなかったりするのですが、その場合は減光(ND)フィルターを使用することになります。
画像

「MINOLTA CAMERA CO.,LTD.」の文字が誇らしげですね!SPFもそうだったのですが、この時代のカメラが日本の工業製品の花形であったことが窺い知れます。
(かつては、東京大学でもカメラ部品の研究室があったほどの花形ですね!)
画像

このSR-T101は、以前ご紹介したSPFと較べると外装にキズ、スレ、汚れ、サビ(汗)が多いのですが、逆に内部は綺麗であったりと、前所有者がちゃんと使用していたことが想像できます。
画像

クラカメは、この辺が難しいですね…外装が綺麗な機体だと、実はタンスの奥にしまったまま忘れられていて、内部がボロボロに風化していたり…日頃使われていたために内部は綺麗なのですが、外装はボロボロだったり…(汗
(しかし、カメラは機械モノですので、いくら外見が綺麗でも、使われていないと内部の機構的には不安になります)
画像

カメラの底部にも、そこそこキズがあります…どうも、電池室のフタを開けるときにカニ目(状の工具)を使用したようですが、穴からずれてしまい、傷付けてしまったようです(汗

電池室内も綺麗で、電池の液漏れでフタが固着してしまった形跡もありませんので、このキズを付けてしまったのは、ちょっと迂闊(うかつ)かなぁ(笑

ちなみに、向かって左側のチェッカリングが電池室のフタで、右側のチェッカリングは露出計のスイッチとなります。但し、この時代のカメラは、レンズキャップをすると露出計は働かなくなるので、よほど長時間使用しないのでなければ、露出計のスイッチをOFFにする必要もなさそうなのですが…どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら、コメントよろしくお願いいたします♪
画像

撮影データ
Canon PowerShot G6


付いていたレンズは、以前もご紹介しましたが「MC W.ROKKOR HG 35mm F2.8」です。
(購入した初日は、レンズの外し方が分からず困ってしまいました(笑))

やはり、「ROKKOR(ロッコール)」の文字に憧れてしまいますね!本当に繊細で良い写りをしてくれます♪

HGの文字…最初は「ハイグレード」か?(ガンプラ?(笑))と思ったのですが、調べてみるとレンズの構成を表しているそうです。
アルファベットの1文字目がレンズの群、2文字目が枚数を表しています。

 1文字目(群)
  T…3 Q…4 P…5 H…6 S…7 O…8 N…9

 2文字目(枚)
  C…3 D…4 E…5 F…6 G…7 H…8 I…9 J…10 K…11 L…12

いや〜、HG(6群7枚構成)…ハード・ゲイの略じゃなくて良かった!(笑
(最近見かけませんが…元気してるのかな?(汗))
画像

撮影データ
SONY Cyber-shot DSC-T9


最後はファインダー内の様子などを…

SPFには、プリズムの劣化(蒸着アルミ剥離)があったのですが、こちらはそれほどの問題は見られません。
(SPFもそうだったのですが、ファインダー下部の影は撮影条件によるもので、通常の使用では影は出ません)

しかし、埃(ホコリ)はかなり入っていますね…肉眼では写真以上に埃が見えます(汗

まあ、ファインダーの汚れはOH(オーバーホール)に出した時に、綺麗にしてもらおうと思っています。

露出計、SPFは針一つのプラス、マイナスだけだったのですが、SR-T101は二針追針式、シャッター速度によって固定的に動く針(まっすぐな針)に、絞りを調節して、もう一つの針(先端が丸くなっている針)を合わせる仕組みです。
(…って、これで合ってるんですよね?いや〜、正直な話、取扱説明書がありませんので、勢いで使っています(笑))

最後に使用感などを(いや、まだ1日しか使っていないのですが…(汗))

う〜ん、現在の機体と較べるとかなり重いです(汗)…私自身は銀塩時代から一眼レフを使用していたので、「昔はそうだったよな」と思うのですが、現在のデジタル一眼レフと較べても、大きさの割りに重いというのは感じてしまいます。

但し、操作感はカッチリしていますね!シャッター、巻き上げ等、しっかりとした手応えはあるのですが、その手応えの中に精密な機械が連動して動いているというのを感じさせます。40年前の機体でも、まったく不安はありません。
(ちょっと、ミラーショックが大きい気がするのですが…もしかすると、ミラーを受けるモルトが劣化しているのかもしれません)

やや女性的な印象を受けるSPFと較べると、ボディも大柄でシャッターボタンも遠いように感じるのですが、こちらをご訪問くださるTOMOさんのお話では、「弁当箱」と呼ばれていたそうで(笑)、使い慣れてくると大きいボディのおかげでホールディングも安定するそうです。

ROKKORレンズに付いては…どのみちミノファンなんで、悪いところなんてありませんよ〜(笑

今後、ROKKORレンズも買い漁っていこうと思っています♪

あ〜あ、SR-T101で、リバーサルやモノクロフイルムの撮影もしたいと思っているのですが…こ・この暑さだと日中に撮影しに行くガッツがありません(汗

早く、9月後半にならないかなぁ…まだまだ、新兵器、秘密兵器を隠しているのですが(笑)、あまりの暑さに出番が回ってきそうにもありません…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
私が持っているのは、SRT-Superのほうですが、この元になったのが101だったと思います。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/65/89/47943d0ed8087ef183d126f6a3fc98c0.jpg

露出計の電源は、はっきりと覚えていませんが、巻き上げレーバーを少し起こす(クリック感があります。)とオンになったと記憶しています。
今は、カメラに電池が入ってないので確認できません。はなはなだ曖昧で恐縮です。

この追針式は使いやすいです。
基本的には、絞りバーの丸の中にシャッター速度のバーが入るところが標準露出ですが、そこからカチカチとずらすことで露出補正ができます。
目視で直感的に分かりやすいのが良いです。

マニュアル機は撮る楽しみがありますね。末永くご愛用ください。(^^)
ひまぱのぱ(p.himapa)
2007/08/13 21:23
こんばんは。
古いカメラは金属製で重いですよね。
特にこの頃は機能が増えていってどんどん大きく重くなってた頃のようですし。
この後OMショックがあって小さくなる方向も出てきたんですよね。
でもこの頃の金属ボディの質感って良いですよね。
ちなみにこれはミラーアップ出来るタイプですね。
林檎狂
2007/08/13 22:44
こんばんは
中々綺麗に磨き上げられていますね。
金属ボディーは掃除も楽しいですよね(笑
確かに外見が綺麗な中古は中身が駄目なのはわかります。
良い修理会社が見つかるといいですね。
鳩ヶ谷辺りでしょうか。
TAKE
2007/08/13 23:47
こんばんは。
コメントは初めてだと思います。
SR505を持っています。
この取説だと、水銀電池の回路切換ボタンと呼んでいますね。
「撮影の都度、電池回路切換ボタンをOFFにする必要はありません。
撮影に出かける時は、帰るまでONのままにしておいても構いません。2〜3日以上使用しない時はOFFにしておいて下さい。」とあります。
針の根本付近に四角いマークがありませんか?これが「バッテリーチェッカーマーク」でBCの時、針がここに来ればOKです。
右側の三角は「連動外警告マーク」で「メータ指針が警告マークにかかる場合、適正な露出がえられないことを警告します」をあります。
SR-T101さんのブログ、http://srt101.blog46.fc2.com/blog-category-41.html
にすばらしい説明があります。
迷う初老
2007/08/14 20:52
皆さん、こんにちわ♪

ひまぱのぱさん、こんにちわ♪

おっ!ひまぱのぱさんはSRT-Superをお持ちですか!!
きっと大切に使われているのでしょう…SRT-SuperはSR-T101より、ちょっとデザインがモダンなヤツですよね♪
私はこの時代のMINOLTA機を持っていませんので、一番元祖っぽいヤツを中古購入してみました。
露出計の電源の件、情報ありがとうございます♪
一応、防湿庫にしまっておくときは、OFFにしておいた方が良さそうですね。
追針式の露出計は、最初「アレ?」と思ったのですが、ファインダーからはシャッター速度が分かりませんので、その代わりになるのですね…慣れると使い易そうです。
ひまぱのぱさんのおっしゃる通り、マニュアル機も楽しいですね!
他の方と一緒に撮影に行くと、撮影に人一倍時間がかかってしまうのが難点ですが(汗)、きっと慣れてきたら素早く撮影できるようになるでしょう♪
ニャん丸
2007/08/15 17:10
林檎狂さん、こんにちわ♪

アハハ♪重いですね〜!
先日遊びに来た弟に見せたのですが、「撮るのがイヤになるほど重い」とのコメントを(汗
(弟は昔のカメラを知りませんので)
しかし、林檎狂さんのおっしゃる通り、全金属製のメカニカルカメラ…磨けば綺麗になりますし、ちゃんとメンテナンスすれば長く使えるというのも良いですよね!
ミラーアップ…マウント部左側の丸いノブを回すと、ミラーアップしています。

TAKEさん、こんにちわ♪

購入時、ちょっと汚れていたボディですが、家に帰ってから化学ぞうきん(汗)で磨いてみました。
修理、OHですが九州地方のお店の腕が良さそうなので、そちらを使ってみようかと思っています。
最初はSPFの修理とOHを頼もうと思っていますので、その結果を楽しみ(?)にお待ちください(笑
ニャん丸
2007/08/15 17:28
迷う初老さん、こんにちわ♪
そして、初めまして!

いつも、あちらこちらで迷う初老さんのコメントを拝見しておりましたが、こうやってお話をさせていただくのは初めてですね!ご訪問ありがとうございますm(_ _)m

迷う初老さんはSR505をお持ちなのですか!私は新しいミノルタファンなので、比較的新しい機体しか持っていなかったのですが、古い機体も良いですね!
取扱説明書の情報もありがとうございます。
四角と三角のマーク…どちらもありますので、BCと露出範囲外も試してみますね!
SR-T101さんのブログ情報もありがとうございます。後ほどご訪問してみようと思っています。

重ね重ねになりますが、今回はコメントありがとうございました!
今後とも、よろしくお願いいたしますm(_ _)m
ニャん丸
2007/08/15 17:42
うーん、やはりこの時代のカメラは味がありますね。
大きさも質感も、これぞ日本製高級一眼レフ!!という感じですね。
ロッコールレンズ、モノクロで山肌の質感などの表現は絶妙だったと思います。
わたくしの場合は、オートコードに付いてたレンズしか知りませんが・・・
98k
2007/08/15 19:07
98kさん、こんばんわ♪

現代の(デジタル)カメラ…購入される方のメーカーに対する思い入れや、デザインの好みがあると思うのですが、実際に手に取ってみると、(値段による)性能の差こそあれ、使った感触はそれほど違わないんですよね…
しかし、この時代のカメラ…98kさんのおっしゃる通り、機種毎の違い(味)があります♪
使ってみると、その機械としての感触に指が喜ぶといいますか…(笑
うぅぅ…98kさんはオートコードですか?ワタクシももう少し時代を遡って、勉強した方がよろしいでしょうか?(汗・笑
ニャん丸
2007/08/15 20:32
なんとも出遅れコメントになって申しわけありません。
奥様の実家に行っていたりして、しばらくパソコンのない環境にいて者ですから。
きれいなボディーではないですか。これなら、磨き甲斐もいじり甲斐もありそうですね♪
>カニ目をなめる
何度やったことか。おっかなびっくりで、あまり力を入れないと、余計なめてしまうんですよね。「手首を固定し、しっかりと押し付けながら一気に回す」のがコツのようなんですが、難しいです。

TOMO
2007/08/18 15:03
TOMOさん、おはようございます♪

いえいえ…この時期ですので、皆さんお忙しいことと思います。遅くなってもコメントいただけることに感謝です♪
SR-T101の外見は、SPFよりちょっと汚れていましたが、それでも製造年数を考えると綺麗な方だと思います。
カニ目…私自身は使ったことがないのですが(汗)、ボディ下部が見るからに「カニ目が滑るとこんなキズが付くんだろうなぁ」という状態に(笑
ワタクシも一応、カメラ工具セットを買ってみようかなぁ…
ニャん丸
2007/08/19 09:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
MINOLTA SR-T101 Latitude Complex/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる