Latitude Complex

アクセスカウンタ

zoom RSS 森山大道展(東京都写真美術館)

<<   作成日時 : 2008/06/30 06:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先日、東京は恵比寿(えびす)ガーデンプレイスにある東京都写真美術館に森山大道(もりやま だいどう)さんの写真展を見に行ってきました。
画像

この森山大道展は写美(SYABI)の3階で「I.レトロスペクティブ 1965-2005」、2階で「II.ハワイ」の2本立てとなっています。
画像

森山さんの写真と言えば、「アレ、ブレ、ボケ」と言われるほど個性的で独創的、比較的カッチリした写真しか撮れないワタクシ(汗)としては、とても勉強になるのではないかと思い、久しぶりに写真展に足を延ばしてみました。
画像

3階の「I.レトロスペクティブ 1965-2005」は、森山さんが新星のごとく登場した1960年代から2005年までの写真となっています。

ここに展示されている作品の中でも、特に初期の作品は「アレ、ブレ、ボケ」が特徴的で、見る者を惹きつけるのですが…1970年代後半のスランプを脱した後の作品のインパクトも印象的です。

そこに写っている人々の感情が伝わってくる、あるいは写っているモノが人ではなく、物であったとしても、その場の空気が伝わってくるような「何か」があります。

「何か」と書いたのは、単なる臨場感ではないんですね…元々、写実的な写真ではないので(と思うので)、臨場感とは違った波動といいますか、心の奥底に響く「何か」としか表現することができません。

2階の「II.ハワイ」は、その名の通り、2007年にハワイで撮影された最近の作品となっています。

あくまで個人的な感覚なのですが、1990年代から直近の作品は、初期の頃の強烈なインパクトが抜けつつも、心に届く「何か」の力だけが残っているといった印象で、写真の中にあるいくつかの要素のうち、もっとも大切なものだけが純度を増して残った(抽出された)と感じます。

また、ハワイの作品の中には、水平線や地平線をわずかに傾けた作品があります…ワタクシだったら絶対に避けるのですが、そのわずかな傾きの中に「不安」であったり、逆に「力強さ」であったりと、見る者に伝えようとするメッセージが隠されているような気がしてなりません。
(ワタクシの写真が傾いていた場合…間違いなく、水平出しの失敗なのですが(汗))

「I.」と「II.」の作品を合わせると、約270点の写真があり、なかなか見ごたえのある写真展となっていました。

強烈な個性を放つ作品群の中に、ごく稀に「自分もこういった写真を撮ったことがある!」と思える作品もあり、とても面白く思えたのですが、やはり、人の心に響く作品というのは難しく…考えさせられることが多かったです。

撮影した自分自身が納得する(但し、自己満足な)写真が良いのか…その写真を見てくださる方々に何かを伝える写真が良いのか…ブログで公開している以上、「何かを伝える写真」が良いのだろうと思うのですが、プロでもないワタクシは、そんな技術も才能も持っておらず…(汗

そんなことを考えながら、写真展を見終わった後は恵比寿ガーデンプレイスタワーへ…
画像

ニャハハ♪…大好きな写真の勉強をした後は腹ごしらえ、しぶ〜い日本酒居酒屋好きのワタクシとしては珍しく、タワーの39階などという滅多に足を踏み入れない飲み屋さんへ行ってみました。
画像

アハハ!…ワタクシがガラスに映っていますね!!(笑

いや、なぜだか急にカニが食べたくなり、焼きタラバ、毛ガニなどを堪能したのですが…カニを食べていると口数が少なくなるといいますが、ワタクシの場合は写真を撮るのを忘れてしまいました(汗・汗
画像

「ハッ!」と思い出して、最後に食べた「餡かけカニチャーハン」の写真をば(爆

さて、写真展の話からカニを食べた話で終わるのは、さすがに心苦しいので…

森山大道「遠野物語」プレゼント

今回は森山さんの目録は売っていなかったので、写真エッセー「遠野物語」を3名様にプレゼントです♪
画像

応募したい方は下記のメルアドまで、ご連絡をお願いいたします。

 hidekiあっとま〜くhidekix.net
 (「あっとま〜く」はスパム対策ですので、「@」に置き換えてね!)

タイトルは…

 「【ラティコン】森山大道「遠野物語」プレゼント応募」

…としてください。

前回のブレッソンの目録プレゼントは東京以外の方限定とさせていただきましたが、今回の森山大道展は残念ながら昨日(6/29)で終了してしまいましたので、今回は東京の方も応募可能です。

ご応募期間は本日(6/30)〜7月6日(日)といたします。7月6日(日)必着です。

ご応募が3名様を超えた場合は抽選となりますので、ご応募の段階での個人情報の記入は必要ありません。どなたのメールか分かるようにハンドル名を記載してください。
(厳正なる抽選の上、当選者様にこちらからご当選の連絡を差し上げます)

多くの皆様からのご応募をお待ちしております♪

P.S.

自分用には「遠野物語」以外にも、森山さんの写真をプリントしたマッチを買ってきたのですが…
画像

さすがにマッチは郵送することができませんので、こちらは見るだけで(爆

撮影データ
LUMIX DMC-LX2

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
わたくしが写真に興味をもちはじめた頃、アサヒカメラやカメラ毎日で、若手のホープとして革新的な作品を発表しておられました。
わたくし、すぐにマネをして、それ以来、
ずっとアレ、ブレ、ボケ写真ばっかり・・・
対象が主に奈良や京都の風物だったので、誰からも評価されませんでした。
わははは
98k
2008/07/01 21:20
98kさん、こんばんわ♪

> アサヒカメラやカメラ毎日で、若手のホープとして革新的な作品…

おおっ!やはり98kさんはワタクシより年上だっ!!(笑
残念なことにワタクシは森山大道さんが登場した頃の記憶はないんですよ(汗
しかし、「アレ、ブレ、ボケ」…そんな中に妖艶さ、怒り、不安、その他諸々、人間の色々な心の動きが閉じ込められているような気がします。
そのとき(見ているとき)のこちらの感情が左右するのか、何枚かの作品は特に心の奥底に染み込んでくるような感じがしました。
おっ!98kさんの「アレ、ブレ、ボケ」、きっと当時はモノクロで撮影されていたのでしょうから、とても興味があります。
奈良や京都の風物…再評価もよろしいかと♪

さて、話は変わりますが、今のところ、どなたからもご応募が(汗
そういえば、前回の「MAGNIFYING EYEPIECE U-13C」も手元に残っているんだよなぁ〜(汗・汗
ニャん丸
2008/07/02 22:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
森山大道展(東京都写真美術館) Latitude Complex/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる