Latitude Complex

アクセスカウンタ

zoom RSS 昭和記念公園・コスモスまつり(その2)

<<   作成日時 : 2010/11/12 09:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

「昭和記念公園・コスモスまつり(その1)」の続きです。

このところ、デジタル一眼の売れ行きも伸び悩んでいるんじゃないかと思っていたんですが、昭和記念公園(しょうわきねんこうえん)を歩いてると、老若男女、友達同士、彼氏&彼女、ファミリーと各グループが一台ずつデジタル一眼を持っているんじゃと思うほどの普及率です。
(売れ行きが伸び悩んでいるとしたら、もう各家庭に一台ずつ行き渡っちゃったのかな?(笑))

ざっと観察していると(悪趣味か…)、面白いことを発見しました!…同じデジタル一眼でも高齢者ほどデジタル一眼レフの使用率が高く、若い人ほどミラーレス一眼が多いんですよ。まあ、ボディ単体もシステム全体を考えてもデジタル一眼レフの方が高価なので、経済的に比較的余裕のありそうな高齢者の方が使用率が高いというのも考えられるのですが、体力的なことを考えると小型軽量なミラーレス一眼こそ高齢者にうってつけなデジタル一眼だと思うのですが…

もちろん、プロやハイアマチュアであればあるほど、デジタル一眼レフを必要としているのは分かりますが、見たかぎりではそれほどの腕前とも思えませんし(汗)…スナップ、風景、植物のネイチャー・マクロ撮影などの動きの少ないものなら、ミラーレス一眼でも十分なんですが、いかがなものなのでしょう?
(趣味の世界ですので好きなものを使うのが大前提ですが、デジタル世代ではない高齢者にただ高価なだけのカメラを薦めるようなお店があるとしたら痛いですね)

さらに観察していると驚くべきことが…今まで有名な撮影スポットに出かけても、滅多にSONY機を見かけることがなかったのですが(汗)、今回はチラホラと見かけることができました。例えば、Canon機を50台、Nikon機を50台、SONY機を3台見かけたのだとしても、今までは0台だったので、こんなに嬉しいことはありません(笑

少々、昭和記念公園のコスモスから話が脱線してしまいましたが、そろそろ写真を見ていきましょう…

1.
画像

撮影データ
α55+DT16-105mm F3.5-5.6 絞り優先AE F11.0 1/40 露出補正0.0 ISO自動(100) WB自動 HDR自動 CreativeStyle(Vivid:Contrast+1,Saturation+1,Sharpness+2)
※C-PLフィルタ使用


2.
画像

撮影データ
α55+DT16-105mm F3.5-5.6 絞り優先AE F5.6 1/160 露出補正+0.3 ISO自動(250) WB自動 DRO自動 CreativeStyle(Vivid:Contrast+1,Saturation+1,Sharpness+2)
※C-PLフィルタ使用


3.
画像

撮影データ
α55+DT16-105mm F3.5-5.6 絞り優先AE F5.6 1/160 露出補正+0.3 ISO自動(200) WB自動 DRO自動 CreativeStyle(Vivid:Contrast+1,Saturation+1,Sharpness+2)
※C-PLフィルタ使用


4.
画像

撮影データ
α55+DT16-105mm F3.5-5.6 絞り優先AE F5.6 1/160 露出補正-0.3 ISO自動(160) WB自動 DRO自動 CreativeStyle(Vivid:Contrast+1,Saturation+1,Sharpness+2)
※C-PLフィルタ使用


5.
画像

撮影データ
α55+DT16-105mm F3.5-5.6 絞り優先AE F5.6 1/160 露出補正+0.3 ISO自動(200) WB自動 DRO自動 CreativeStyle(Vivid:Contrast+1,Saturation+1,Sharpness+2)
※C-PLフィルタ使用


6.
画像

撮影データ
α55+DT16-105mm F3.5-5.6 絞り優先AE F5.6 1/160 露出補正-0.3 ISO自動(200) WB自動 DRO自動 CreativeStyle(Vivid:Contrast+1,Saturation+1,Sharpness+2)
※C-PLフィルタ使用


7.
画像

撮影データ
α55+DT16-105mm F3.5-5.6 プログラム優先AE(スイングパノラマ) F7.1 1/160 露出補正0.0 ISO自動(100) WB自動 CreativeStyle(Vivid:Contrast+1,Saturation+1,Sharpness+2)
※C-PLフィルタ使用


8.
画像

撮影データ
α55+DT16-105mm F3.5-5.6 絞り優先AE F5.6 1/160 露出補正-0.3 ISO自動(125) WB自動 DRO自動 CreativeStyle(Vivid:Contrast+1,Saturation+1,Sharpness+2)
※C-PLフィルタ使用


前記事で今回の撮影は「花の丘」をメインにしていると書いていますが、JR西立川駅(にしたちかわえき)へ戻る途中に「みんなの原っぱ」にも寄っています。

7.枚目の写真は「みんなの原っぱ」のパノラマ写真です…以前、スイングパノラマは標準とワイドを選択することができ、ワイドだとオジさんの固い身体ではスイングしきれない(笑)と書きましたが、今回は標準でスイングしています。どうですか?標準でも十分ワイドでしょ!

今回の撮影データを見ていただくと、珍しく頻繁に露出補正しているのが分かると思います。

露出補正の一つの効果…メインとなる被写体の明るさの調整、例えば、逆光の状態で手前にいる人の顔が暗くなってしまうのを防ぐような露出補正があるのですが、α機においてJPEG撮りしているかぎりはDRO(Dレンジオプティマイザー)が暗部を引き上げてくれるため、こういった露出補正の使い方は昔のカメラと較べて格段に減ってきたと思います。
(DROもDROUになったり、DRO+になったりと名前が変わるわけではないのですが、新機種が出るごとに具合が良くなっている印象です)

さらに明るさの調整という意味においては、HDR(ハイダイナミックレンジ)も搭載されているため、ますます露出補正の出番がなくなりそうです。
(もちろん、ハイキーやローキーなどの撮影意図を持っての露出補正は必要ですよ!)

では、今回なぜ頻繁に露出補正を行っているのかという話になりますが、今回は「明るさの調整」ではなく、「色の調整」のためなんです…いわゆる、「白いものを白く、黒いものを黒く」写すための露出補正となります。花の場合は白や黒ばかりではなく、かなりカラフルですが、考え方は同じです。

白や黒の場合は+−どちらへ露出補正すればいいのか分かりやすいと思いますが(白は+、黒は−)、カラフルな花の色はどうでしょう?…簡単に言ってしまうと色ごとに+−バラバラです。また光の状態や花びらの表面の質感によって補正量も変わるのですが、全ての色について覚えておくのも大変ですので、露出ブラケットを使用して適性、+、−の3枚を撮影しておき、撮影結果から最適な1枚を選ぶのが簡単です。

「色の調整」という意味では彩度を調整する方法もありますが、ある特定の色を際立たせるためには、わずか0.3段の露出補正でも劇的に印象が変わります。もし、花の撮影で露出補正をしていない方がいらっしゃいましたら、露出ブラケットはお勧めです。

さて、2回に渡り続けてきた「昭和記念公園・コスモスまつり」シリーズですが今回で終了となります…次シリーズからは東京(とうきょう)の最新観光スポット(?)を公開予定です♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
私はカメラでも露出補正を頻繁に使いますので本記事は大変興味を惹かれました。Dレンジオプティマイザーですか、将来αの後継機を…の前に、実はαでないヤツを遊び撮り用に買ってしまいました。そのうち向こうでUPしますね。
alaris540
2010/11/12 11:41
こんばんは。私は経済的余裕はありませんが、高齢者なので一眼レフ好きのイルミナムです (^^;

コスモスのお写真素敵ですね。特に上から2番目は大好きです。私は引けなくなってしまい(寄る一方なので)ニャん丸さんのお写真のような上品な写真がなかなか撮れません (^^; 
イルミナム
2010/11/14 23:42
皆さん、おはようございます♪

alaris540さん、おはようございます♪

露出補正…私もα-7Dのころはダイナミックレンジの狭さもあり、頻繁に露出補正していたのですが、最近のデジタル一眼はあまり露出補正を気にしないでいいようになってきました。
DRO…最近では似たような機能を各社が搭載しているので、「αでないヤツ」を購入しても、同等以上の使い方ができますよ〜!
ボディ内手振れ補正やDRO…αは先進的な機能を盛り込んでくれるのですが、パクッた他社の方が性能が良くなってしまうのが(笑
alaris540さんのカメラ紹介を楽しみにしております♪

イルミナムさん、おはようございます♪

一眼レフ好き…アハハ、ここを訪れる皆さんは写真好きが多いので、年齢に関わりなく一眼レフ使用の方が多いですよね!(笑
(それにイルミナムさんはまだまだお若いかと…)
寄る一方…分かります!分かります!!
私もマクロレンズを付けていると、しべ1本にピントが来るような写真ばかり撮ってしまい、ブログに並べてみると何の花だか分からない状態に(汗
最近ではマクロレンズを付けていても、引きの写真も撮っておくように心がけています。
2枚目の写真、ありがとうございます♪
この写真は友人からも「ニャん丸らしい写真だな」と言われています(笑
ニャん丸
2010/11/15 10:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
昭和記念公園・コスモスまつり(その2) Latitude Complex/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる