鉄板焼き(横浜うかい亭)(その1)

久しぶりのラティコン更新になります(汗

しかも、「RCボート走航会(6月編)」の途中だったのですが、さすがに本格的な就活をしなければならず、ブログは放置プレイ中…す、すみませんm(_ _)m

梅雨明けした東京地方ですが、モウレツな暑さに見舞われ、仕事の面接に行くのも大変な有様…少し体力を付けようというわけで、鉄板焼きのランチに行ってきました。お店は「横浜うかい亭」(よこはまうかいてい)です。
画像

大和市(やまとし:名前は「横浜うかい亭」ですが、所在地は横浜市ではなく大和市)のお店ということもあり、いつもの神奈川県(かながわけん)に詳しい友人に連れられてのランチなのですが、鉄板焼きと言っても、基本的にはフレンチです。正直言って、かなりの高級店(汗)…東京(とうきょう)地方で「うかい」と言えば、かなりのモノで日テレ「ぐるぐるナインティーナイン」の「ゴチになります!」に同グループのお店が登場したこともあるんですよ!
(ワタクシの友人…本物のぶるじょわなんじゃ?(笑))

実は横浜うかい亭を訪れるのは今回で2回目なのですが、お店は最寄り駅の小田急江ノ島線(おだきゅうえのしません)中央林間駅(ちゅうおうりんかんえき)から少々離れており、駅からタクシーで向かいます。駐車場にタクシーが入るとお車係りが3~4人も集まってくるため、本当にビビるぅ~(汗
(ワタクシはぶるじょわじゃないんだなぁ(爆))

駐車場から庭園に囲まれたお店に向かうと、今度はお店の中から2~3名のお迎えが(汗)…この歴史のありそうな建物は明治時代のオランダ貿易商の迎賓館を移築したものだそうですが、ここに足を踏み入れるだけでさらにビビりそうです(笑
画像

贅沢な個室空間…

このお店はカウンターと個室を選べるのですが、今回は個室を選んでいます。
(当然のことながら…予約しています)

さすがに高級店では、他のお客様の雰囲気を壊してはいけないと思い、撮影はしないことに決めているのですが、今回は個室ですので、思い切って撮影の許可をいただいています。

素晴らしい内装を眺めていると、入り口に立っている係りの方がそばに寄ってきて、「いかがなされました?」と…「素晴らしい内装なので…」と答えると建物についての説明や、内装などは釘を使わない構造になっているなどと説明して下さいました。
画像

夏の味覚とサーロインコース…

メニューはディナーコースとランチコースに分かれており、今回はランチコースの「夏の味覚とサーロインコース」を選んでいます。

もちろん、お昼ということもあるのですが、お昼にお店を訪れてもディナーコースを頼むことができるようです。しかも、友人はうかい亭に慣れているようで、好き勝手にメニューを組み替えて注文しちゃいます(笑
(夜にお店を訪れるとディナーコースしか選べないようなので、友人はランチの時間に来る方が楽しめると言っています)

ただ、今回はランチコースが充実しており、別途お勧めの一品を追加するだけで、とても満足できるフレンチとなりました。

では、そろそろ、料理を紹介しちゃいましょう…
画像

食前酒…

これはワタクシの定番食前酒…ドライシェリーです。
(定番といっても、日本酒が飲めない場合ですが(笑))

シェリー酒はスペインで作られている白ワインの一種で、樽の中で最低でも3年は熟成させるため(長いものでは100年以上)、香りとコクが高く、それでいてスッキリした味わいがあります。

その中でも辛口のドライシェリーを食前酒として、甘口のスイートシェリーを食後酒として楽しんでいます。
画像

才巻海老と夏野菜のマリネ…

才巻海老(鞘巻海老:サイマキエビ)ってよく耳にするんだけど、いざ、どんな海老だっけというと???…ネットでググッてみると車海老の子供だったんですね!…15cm前後(以上)をクルマエビ、10cm前後をマキエビ、それ以下のものをサイマキエビというのだそうです。

で、才巻海老ですが、まわりは火が通っているのに、中はレア…まわりプリプリ、中トロトロと新鮮な食材の良さを上手く使っており、マリネの酸味だけではなく、程好い塩気が海老の甘さを引き立てています。

さらに海老の頭で出汁を取って、海老の身を粗ごししたものと合えたようなテリーヌ風の珍味(?)まで付いており、お酒が進むこと(笑

マリネされた夏野菜の方は、オクラ、パプリカ、玉ねぎにセルフィーユ、コンソメジュレとサワークリームが添えてあります。マリネは完全な生野菜ではないのですが、お酒を飲みながらの生野菜が苦手なワタクシでも、一口サイズの野菜と酸味の利いた味付けで、野菜を美味しくいただくことができました。

よく考えられた前菜は食欲を引き出してくれますね!
画像

白ワイン…

そうそう、前菜に合わせて白ワインを選んでいます…いやいや、ワインの分からないワタクシには選べないので、ワインの得意な友人に選んでもらったというのが正解です(笑
(この友人…実は今はお酒を飲まないのですが…(汗))

一人でボトルは無理なので、グラスワインの中からコート・デュ・ローヌ(こういう名前が覚えられないのだよ!(笑))の白です。

グラスワインということもあり、コート・デュ・ローヌは比較的安価なワインのようですが、香りが高く、それでいてスッキリした味わいがワイン初心者のワタクシの口にもよく合います。

白ワインは日本酒に通じるものがあると感じるのはワタクシだけでしょうか…
画像

トコブシのグリエ…

うかい亭には鮑(あわび)と牛ステーキの鉄板焼きが楽しめる「夏の味覚 鮑とうかい牛コース」というディナーコース(おそらく、一番高いコースです(汗))があるのですが、ランチコースにはトコブシがついていました。

トコブシといえば、鮑の仲間の小さいヤツ…鮑よりお安い食材という印象があるのですが、これまたどうして、夏の時期(6月~8月)はトコブシが一番美味しくなる季節ですので、鮑の固さが苦手な人でも試してみる価値があります。

そして、グリエですが、グリエとは直火焼きのこと…和風で言ってしまうと焼きトコブシといったところなのですが、それはフレンチ、濃厚なバターとクリームを使ったソースがたっぷりとかかっており、ややもするとクドいかと思われがちなのですが、濃厚なソースがトコブシの淡白な味を引き出しているから不思議ですね…

ソースで分かり難いのですが、トコブシの下には海草、さらにその下にはグリエしたズッキーニとフレンチなのに、日本人シェフの繊細な心遣いも感じさせます。

とっても柔らかいトコブシの身に、さらにキモを裏ごししたものまでついており、またまた白ワインの進むこと(笑

この料理にはバゲット(パン)が付いてくるので、美味しいソースも残さずいただいちゃいましょう。
(ちなみに、この料理にバゲットを付けようと発案したのは、店員さんだそうです…メニュー決定時の試食のときに店員さんの意見まで取り入れるというのは、素晴らしいことですね!)
画像

ガスパチョ…

コースメニューには「本日のスープ」ということで、玉ねぎのスープ(おそらく、冷製スープ)が用意されていたのですが、今回は変更してガスパチョを選んでいます。

実は以前食べたうかい亭のビシソワーズ(ジャガイモの冷製スープ)が絶品だったので、今回もそれを食べたかったのですが、無理を言っても変更できるスープの中にはありませんでした(汗)…季節ごとに美味しい野菜を使っているようなので、それもまた、仕方のないことなのでしょう。

で、ガスパチョですが、スペインの野菜とパン、オイル、ビネガーを使った冷製スープでトマトを使った赤いスープが有名です。
(トマトを使わないガスパチョもあるので、赤いスープとはかぎらないのですが)

トマトとビネガーの酸味、トマトとオイルのコクで見た目以上の深い味わいがあり、あっさりしているのに濃厚な味が舌の上で主張している…スープなのに一品料理を食べているような満足感があります。

さらに細かく刻んだキュウリかな?…水分を含みつつもカリカリした食感があり、よくかき混ぜながら一口すすると、口の中が幸せになること間違いなしです!
画像

冷製とうもろこしのスープ…

友人の方は冷製とうもろこしのスープを頼んでいます。
(もはや、本日のスープは関係なしですね(汗))

まあ、とうもろこしの冷たいスープは割りと見かけるので、どうなんだろうと思っていたのですが、一口だけおすそ分け(笑)をいただくと甘いこと、甘いこと…それも不自然な甘さではなく、とうもろこし由来の素晴らしい甘さです。

うかい亭さんは鉄板焼きステーキのお店ですので、牛肉には力を入れているだろうと思っていたのですが、その他の食材、野菜なども素晴らしいものを仕入れているようです。

じゃあ、ガスパチョと冷製とうもろこしのスープ、どちらに軍配を上げるかというと…個人的には、アルコール抜きのランチ、パンで食べるなら冷製とうもろこしのスープ、アルコールありならガスパチョという結論になります(笑

さて、コースメニューも半分くらい紹介してきましたが、まだまだ写真が…(汗

美味しいものが目白押しの上にラティコン初の高級店ということで、撮影の方も気合が入ってしまいました!

そんなわけで、この「鉄板焼き(横浜うかい亭)」もシリーズとして、もう一回だけ続きます。

お酒・食べ物ネタが好きな方は次回もお楽しみに♪
(あんまり、放置プレイはできないな…(汗))

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

TAKE
2010年07月23日 11:06
こんにちは~
毎日暑いですね~
美味しい物でも食べて乗り切るしかありませんね。
あ~よだれがw
ニャん丸
2010年07月26日 17:42
TAKEさん、こんばんわ♪

いや~、お久しぶりです。
あったかくなったら撮影に行こうなどと話していましたが、もう、すっかり暑くなり、撮影に行くのも大変な状況になってしまいましたね(T_T)
本当にこの暑さは美味しいモノで乗り切りたいのですが、その美味しいモノを食べに行くのも暑くて(汗
もう、チョ~豪華、行きも帰りもタクシーというぶるじょわな大技を使わないと、美味しいモノも喉を通りません。
ワハハ♪…私もこの記事を書いていて、よだれが溢れてきましたよ(笑

この記事へのトラックバック